【Close Up】2016年4月度&8月度グランプリ 欅坂46「サイレントマジョリティー」「世界には愛しかない」


旋風は突然やってきた!何がジャッジマンの耳を、心をを捉えたのか?
秋元康が手がける「坂道グループ」の乃木坂46に続く第2段として結成された欅坂46。
恵まれたメディア露出もあってアイドルシーンに大きな旋風を巻き起こしていますが、サブコンでも前例のない旋風を巻き起こしています。
デビュー曲の「サイレントマジョリティー」が4月度にエントリーすると、前人未到・空前絶後の85Pを獲得してグランプリ。
2ndシングル「世界には愛しかない」も52.1Pを獲得して8月度のグランプリレースを独走。
9年のサブコンの歴史上で初、JDでは14年間でKiroroしかなし得なかった「初エントリーから2作連続グランプリ」を獲得してしまいました。
さらに8月度は長濱ねるのソロ曲「また会ってください」も21位にランクインするというおまけつき。
思えばAKB48は9年間で40回以上エントリーしていますが、「恋するフォーチュンクッキー」の3位(2013年8月度)が最高位。
乃木坂46も5年間で15回エントリーして「君の名は希望」の3位(2013年3月度)が最高位でした。
欅はその壁をあっさりと蹴破ってしまった。
なんでこんなに強いのか?
いったい何がジャッジマンの耳を、心をを捉えたのでしょうか?
みなさんのコメントをまとめてみました。
サイレントマジョリティー/欅坂46

圧倒的。
勢い、力感、疾走感。
今までの48グループにまったくなかった力強さ。
絶対欅にしかできない曲。
サビのたたみかけがかっこよすぎる。
譜割りは無茶だけど、やっぱりはめ込みが心地いいんだな。
打ち込みサウンドの中に急かすようなクラッピンが効果的。
振りも最高。
乃木坂の繊細さとも、初期のSKEのスポ根感とも違う。
まさに「身体表現」。
欅が今後これを超えるのは大変だけど、歴史のない欅だからこそ歌えた歴史的大名曲。
(リスト係)
AKB関連グループとしては、乃木坂46の「羽根の記憶」以来2作目の投票で、初めての1位投票となります。
これだけ歌詞がグサグサと響いてくる曲も珍しいですね。周りに流されずに自分の生き方を貫いていると、逆境も多いし孤独にもなりがちですが、そういう人への最大の応援歌になっています。
ぜひ若い人たちには、自分はこれを成し遂げるんだ!という気持ちで生きていって欲しいし、その過程で必ず遭遇する苦境にも立ち向かっていって欲しいと思います。そんなときにこの曲が勇気を奮い立たせる力となってくれるのではないでしょうか。
「One of themに成り下がるんな」これ本当に格好良くて好きな歌詞です。
(todojun)
当初はそんなに上位に投票する予定はなかったが、
歌詞が良すぎて、アイドルの曲なのに、ちょっとウルッと涙腺を刺激されてしまった。
NMB48の高嶺の林檎の歌詞も好きでその当時は2位投票だったが、
これはもう文句なしで1位だ。
メンバーはイマイチ誰が誰だかよくわかんないし、推しは見当たらないが。
「君は君らしく生きていく自由があるんだ」
ちょっと自分を見失いそうになったときにこの歌詞には元気づけられるし、
「夢を見ることはときには孤独にもなるよ、誰もいない道を進むんだ」
「この世界は群れてても始まらない」
こういう歌詞を書ける人て、世の中どれだけいるんだろう。ほとんど皆無に等しいと思う。
発明家レベルじゃなきゃ書けない。
そういう歌詞にものすごく共感したのが1位の理由だ。
最後はメロディーでもサウンドでもなく自分の場合は歌詞が最高なら1位に押す。
まあもちろん歌詞だけでなく、メロディーも聴きやすいけどね。
(ノースフライト)
この曲はこれまでのAKBグループの曲の中でも一番ハマったといってもいい。
低音でじっくりと聴かせるサビメロの良さも印象的だが、それに加えて歌詞が素晴らしい。
君らしく生きればいい、NOならNOと意思表示すればいい、
これは言いたいことがあっても怖くて言えないことだらけの私にはとりわけ心に響くのです。
(えむけー)
個人的には、欅坂46の「サイレントマジョリティー」は、乃木坂46の「君の名は希望」、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を超えたと思っている。曲を最初に耳にした時のインパクトからして、何もかも違って聴こえましたしね。
(まんちゃ)

世界には愛しかない/欅坂46

うわぁー!
なんでこんな曲が作れるんだろう?
秋P、あなたはすごいよ。
欅は風。
ときに強くすべてを吹き飛ばし、ときに優しく心を撫でてくれる。
そして過ぎ去った後、必ずフレッシュな気持ちにさせてくれる。
欅は振りがいいんだな。
曲と一体になって全身でメッセージを伝えている。
PVも完璧。
(リスト係)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カテゴリー

アクセス

ACCESS


PV


ページ上部へ戻る